TOMOX NEW YORK

ニューヨークで生活する日本人アーティストの日々の徒然日記。 ニューヨーク情報もお送りします。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
7日に日本からジェフ友来訪して合流、8日に一緒にフィラデルフィア、今日はニューヨーク公演に行ってきました。
写真はあるんですけど、「起動ディスクがいっぱいです」って出てアップできません(泣)。ツアー後に写真関係をまとめて出しますので、許して。


で、最初にご報告致しますと、8日の一大企画は途中で企画倒れとなりました(涙)。
正直に書きますと、フクミちゃんの格好をしてリハーサル後の先生に会い、オースティンパワーズになってもらおうと(爆)したのですが、青のジャケットとドレスシャツ用のフリルみたいなの(先生は「カフス」とか言ってた)という衣装までは目の前で身につけてくれたものの(笑)、眼鏡を出した途端拒否られ、写真撮影は失敗でした。
まあ、ネットに出されたりしたら困るっていう気持ちは分かりますが、

「写真は後で撮るから」

って言いながら逃げていって、アフターショウにも現れずブッチ、っていうのはちょっとどうなのよー(涙)。
その後ツアマネに

「あんなSillyなポジションに彼を置こうとするなんてとんでもない」

「出来もしないことを期待しすぎだ」


って叱られちゃいました(泣)。
ゴメンなさい。調子に乗りすぎっすかワタクシ?
でもオースティンの真似やDr. Evilの真似してるとこを何度か見たので、面白がってくれるかと思ったんだけどーーー。
なんでフクミちゃんが青いジャケットとカフスを持ってるのを「オースティンパワーズだ」って気が付かなかったのかは分かりませんが、衣装を身につけた時点では

「わー、プリンスみたい」

って素直に喜んでたんですよ(ミュージシャンのプリンスなのか、王子様なのかは不明)。
それなのに眼鏡を出した途端ハッと気付いて、

「わっソレ、オースティン・パワーズじゃん!ヤダヤダヤダヤダヤダ」

と言い出して逃げちゃったんですよ(涙)。


以上情けない報告でした。衣装を用意したオイラが悪かった。(T△T)
誰か先生が1度袖を通したオースティン・パワーズの衣装って、要ります?


ライブは、今のところフィリーの出来がイチバンでした。
抜群に調子が良くて、新しいフレーズや展開が自由自在にポンポン飛び出してメチャクチャスリリングで出色の出来。すごく面白かった。


構成がうろ覚え?なジェイソンに先生自らアイコンタクトを頻繁に取っていた上、

「このフレーズを3回繰り返します」

の意で3本指出したり4本指出したりしててなかなか親切でした。
でも、Brush~の最初のところでジェイソンがギターと不協和音なサウンドを出した途端、

「違うだろ!」

って感じの物凄い顔のいがめ方してました(笑)。
その後、ニューヨークのジェイソン君のBrush~イントロはちゃんと改良されてましたが。
あ、でも私はSpace Boogieのジェイソンのソロ好きですよ。
あの曲の彼はかなり自由になれるような感じで、毎回すごくいい出来映えです。


この日、リハでHall of Fameのセレモニーでやった「移民の歌」をチラ弾きしたら、ヴィニーがそのままドラムを叩き出し、その後なんと、全員で「カシミール」ちょっとやったんですよ!!
ツェッペリンをそんなに弾くダーリンなんて初めて見た。
その後WhoのMy Generationもやってました。
この日のリハは結構遊んでましたねー。


で、翌日の今日、ニューヨーク公演初日。
Irving PlazaことThe Fillmore。会場ちっちぇー!
チケットホルダーとWill Callの客をぐっちゃに並ばせたり、後から来た客が先に並んでた客を追い越して入場出来るような会場側のシステムの不備が目立ってイラッと来ましたが、結局ジェフのエフェクターボードの目の前で見られて、ステージとめっちゃ近くて、なんだか4人が演奏してるスタジオの中に放り込まれたみたいでした!
ジェフの演奏はこの日は正直ちょっと雑だった。
客席が近すぎて、ダーリンがギター弾いてる真っ最中でも平気で話しかけるお客さん(笑)に思わず答えてしまうダーリン.....(笑)ステージと客席の親密な雰囲気が楽しかったっす。
近くで見たタルちんは可愛かったなぁー。
ステージではお化粧してるのね。


この日、帰りがけのジェフヨメのサンドラちん(この日から私達は「サンちゃん」呼ばわりにしていました・笑)にいきなし

「あなた、ロンドンのロイヤルアルバートロイヤルフェスティバルの間違いです、ゴメンなさいで会ったわよね!?覚えてる?私、あなたに小さな犬の人形あげたのよ!」

って声かけられて抱きつかれてビックリしました(甘めのスゲー良い匂いがした!)。
7年前の事なのに、私の顔覚えてたみたいです。
1、2回会っただけの人間にすごい記憶力!
しかもギフトの内容まで覚えてるし。

「覚えてるし、まだちゃんと犬も持ってるよ」

と言うと嬉しそうにしてくれた。
カ、カワイイ......


で、喋ってたらサンちゃんが

「あっジェフが来たよ!」

ってサッと遠慮しようとしてくれたんですよ。
でも、サンドラがジェフだと思った人、髪がツンツンしてるだけの全くの別人の偽ダーリンでした(笑)。
自分でも「アレ?違った~」って笑ってたけど、あんなに完全に自分の夫を取り違えるってどーよ(笑)。


でもね、すごくスウィートですごく可愛くて綺麗だったです。
写真撮らしてもらったけど、私のカメラが具合が悪くてなかなか撮れないのを、ずっとポーズして待っててくれたり、改めて「いい子やなぁ」と思いました。
正直、先生の「オースティンパワーズブッチ事件」で理不尽にもムカついてた私(笑)、サンちゃんのお陰ですごく癒されました。
私もあんなスウィートな可愛い嫁が欲しい。


最後にバンに乗り込んだダーリンが、日本人達のお見送りに両手の平を向けてプルプルと振ってたのが(KABA.ちゃん風・笑)激可愛かった。
コレだから、何度ブッチされても憎めないのよね。
可愛すぎるぜ64歳!


以上ミーハーによるミーハーレポでした。
もう夜中の3時、さすがに眠い。
また明日のライブをご報告致しますね~。


ではまた次回....
スポンサーサイト
テーマ:LIVE、イベント - ジャンル:音楽
コメント

レポ有難うございます。

8日の企画、企画倒れになってしまって残念でしたね。
tokomoさん御本人もコスプレしたのですか?
プリンスの件は恐らく同業者の方だと思います。

演奏はジェイソン君が一寸錆ついているようですが、
レベルがどんどん上がっているみたいで、ツアー後編
更に期待ですね。(tomokoさんは残り3回ですね)

リハでのZep、そんな体験が出来るなんて羨ましい...

サンちゃんはそうですか、良い人ですね。業界の表は
引退して絵画等の方に力を入れているから、丸くなって
いるのでしょうか。
(因みにRAHは7年ではなく5年弱前です(笑))
2009/04/10(金) 17:02:05 | URL | 今野 #-[ 編集]
>今野様
レポ、昨日フラフラでジャカジャカ書いたから読み直してない....誤字脱字意味不明あったらすみません。

ええー、私はフクミちゃんになりましたのよ、ちゃんと先生にナマお腹も見せました。
その為に3ヶ月間キツいダイエットとエクササイズもこなしましたので。

レベル上がってますよー。先生自体も上がってると思いますし、ヴィニーが凄い。
日本で4年前見た時と自由自在度が全く違いますねー。
勝手が分かってきてからは泳ぎまくってる感じです。

カシミールは驚きましたねー。
あんなん突然やるなんてねー。
コンサート前のSEも、Going to California、VVhen the Levee Breaks、(VV使わせて頂きました)もう1曲あったけど忘れた、でZEPかかってます。ジミーに殿堂入りの紹介をやってもらった事もあって?ZEPに対する対応が柔和になってる先生です。

サンちゃん、私が嫁に欲しいです。
で、ええ~?5年前?いや、7年前では.....って、あ!
ロイヤルフェスティバルホールの間違いでした、ゴメンなさい。
2009/04/10(金) 23:36:34 | URL | tomox #-[ 編集]
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://newyorkcity.blog36.fc2.com/tb.php/742-766fe010
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。