TOMOX NEW YORK

ニューヨークで生活する日本人アーティストの日々の徒然日記。 ニューヨーク情報もお送りします。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タイトルの2つの単語の間には、何の関連もありません。
リハビリ中なの、許して・゚・(ノД`;)・゚・


もう1ヶ月以上前なんだけど、この春1組目の日本からやって来たコリアンタウンの女王に連れられてコリアンレストラン、Han Batにランチで行って参りました。
(53 W 35th St. between 5th & 6th Ave. / 212-629-5588)


コリアンタウンの女王によると、ここの他のビビンバは大したことはないがシーフードビビンバは美味い!との事で、早速お試し。




P1030099.jpg
こんな感じでエゴマが上にたっぷり乗っかってて、


P1030101.jpg
まぜまぜするとこんな感じ....たっぷりプリプリのイカとタコ~




おいちー!
満足でございました。


春の来客2組目もコリアンタウンは確かここに行ったんだ。
(オイラの発案じゃなくて偶然)
*追記*すみません、こう書いてるけど行ったのは隣のCho Dang Golでした....
で、3組目はお馴染み行列の店、Kunjipに行きました。(過去記事・その1その2その3その4。何回記事にしとるねん)
ただ、3組目ちゃんはお肉アレルギーになってて(決して肉嫌いではないところが不憫。肉食すると具合が悪くなるらしいのだ)焼肉ができないのと、スパイシーなものが苦手なので、シーフード&野菜中心の優しい味付けメニューをチョイス。
彼女は昔から華奢なんだけど、飲み物は水かお茶、食事も野菜とシーフード中心で味付け薄めでガッツリ系じゃなく、「細っこい人は基本生活が痩せるもんになっとるね~」と感心しました。
あ、でも酒飲むんだけどねー。そこが私と180°違うところだなー。


で、その彼女、昔も今もコンサート通い続けておりまして、私と類友。
大好きな日本の某グループがニューヨークのスタジオでレコーディングしてるらしいと聞いて「行ってみたい!!!」と言い出した。
えええ~コンサートならいざ知らず、レコーディング中を追っかけた事なんてさすがの追っかけ女王にも経験値ゼロざんす。
でもコソ調べしてたら突き止めちゃいましたですよ、レコーディングスタジオ。
これぞ追っかけのリサーチ力ですな。すごくね?
こんな事が得意でどーすると思ったりもするが、それはさておき。
ここがまたSOHOにある聞いたこともないスタジオだったんだけど、かなり有名なミュージシャンがレコーディングに使っている模様。


Google Mapで立地も把握して、とりあえず行ってみた。
ところが看板もないし入り口もどこか分かんなくて、ウロウロしちゃいました。
で、30分以上も粘ってウロウロした挙げ句、その辺のビルのドア前に立つお兄さんに

「すみません、xxxxってレコーディングスタジオ、どこにあるか知ってます?」

って聞いたら、何とそのドアがスタジオのドア、彼はそこで働いている人のようだった。
わ~おラッキー。



ここで私は大嘘言いました。

「私達、日本から来ました。oooってアーティストがレコーディングしてるのを知って、ここまで来たの!彼らの大ファンです」

ははは、私はoooって名前だけは知ってるけど、1曲も知らなきゃ顔さえ知らないのよ。
友達は真性のファンなんだけど、オイラは真っ赤なニセもんです。すんません。


残念ながらoooは(つってグループ名書いてもいーのかもだけどさ、知らない人達なのにファンだなんて言って、いい人達を騙してるからなんか気が引けるんだわ)4月19日で6週間に渡るレコーディングを終え、帰国した模様。
あ~らすれ違い。
それでもいいから中が見たいとど厚かましく頼んでみたら、結局スタジオオーナーが怪しい日本人女子2人を招き入れてくれて、彼らが使ってたスタジオを見せてくれました。
案内してくれた若い男子に「写真撮ってもいっかな?」って聞いたら「バレないようにフラッシュなしで撮って」って見逃してくれたんで、写真掲載。



P1030813.jpg
こんな感じ。広角レンズなんで広く見えるかもだけど、割と狭かった。
右手前にあるのはグランドピアノ。




スタジオは空っぽだったけど、その手前の部屋でレコーディングエンジニアさん達がお仕事中だった。
皆とてもフレンドリーで、

「oooのファンなの?彼らすごいいい人達だったよ」

と口々に言ってました。
ああ、嘘ついてゴメンなさい。
内心、「どの曲が好き?」とか聞かれたらどうしようとドキドキもんだったけど、あらかじめ予習してたんで新しくレコーディングした1曲がこの日の何日か前に既にシングル盤として発売されてるのは知ってて、そこだけ話を合わせる事ができてエガッタ。
スタジオオーナーさんなんか、自分から握手を求めてきて優しくしてくれた。
本当にアメリカ人、音楽ファンに優しい。
ていうか日本人がファンを邪険にしすぎだね。
この時はアメリカ人の有名女性歌手が別のスタジオでレコーディング中という、部外者の入りにくい条件であったにも関わらず、こういうファンサービスを快く許してくれたんです。
感謝。


でも、レコーディングスタジオってもっとピッカピカで無機質な感じの空間かと思ってたら、アットホームな感じで年季の入った建物だったわ。意外。



ところで、ロス・ハルフィンさんとこで更に新しくダーの写真露出してます(5月5日、子供の日の日記ね)。
こんなん。


22Apl09-180.jpg

22Apl09-163.jpg




あはは、ダーの「締め」ポーズ、ヴィニーにニカッて笑った顔かあいー。
ロッドとのリハ写真もあるよ。チェキラ!


で、新しいブログによると、コルベット組み立ててるそうじゃないですか。
レコーディングはどうなっとるのかね?
USツアー前はもうだいぶ仕上げつつあるような感じに聞いてたんだけど、ハッキリとは聞かなかったがどーも感触的に暗礁に乗り上げた?ような気がするのは気のせいだろうか...
コルベットなんぞどーでもいい(キッパリ)から、それより新譜組み立ててくれよ。


では、まだまだ写真あるので、またすぐ次回に!
(つって何日か空いたらゴメン)


スポンサーサイト
テーマ:ニューヨーク - ジャンル:海外情報
コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://newyorkcity.blog36.fc2.com/tb.php/755-f3913625
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。