TOMOX NEW YORK

ニューヨークで生活する日本人アーティストの日々の徒然日記。 ニューヨーク情報もお送りします。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




だうも。
最近ちょっとお勉強を始めちゃったせいで、1日の時間が限りなくリミテッド。
睡眠時間少なめ、それなのに時々ネットのZOO KEEPERってゲームで遊んでは自分の首締めてるtomoxです。
いつも眠い。うううう。


さてさて、今日の記事もかなりな過去ネタ!
開き直って行こう!


先日の独立記念日バケーションでボストンに行った時に訪れた、現代美術アーティストでありグラフィックデザイナー、イラストレーターの「Obey Giant」ことShepard Fairey展。
8月16日までICAというコンテンポラリー美術館で開催中です。





P1040329.jpg
会場内は撮影禁止だったんで、ギリ入り口まで寄って写真撮ってみました。
お出迎えするブキミな顔の集合体。




そう、この顔はニューヨークの皆さんには見覚えありまくりでご存知の筈!
アメリカの他の都市部の皆さんと、ひょっとしてロンドンの皆さんにもお馴染みなんじゃないでしょうか!?
かなーーーり何年も前から、街中にこの顔がステッカーになってペタペタ貼られまくってたり、ステンシルで型抜きスプレーしてあったりするんですよね。





nyc2004.jpgobey.jpg
こんな感じで。
いたるところに。




これ、昔亡くなったプロレスラーのアンドレ・ザ・ジャイアントの顔なんですよ。
昔は日本でも活躍してましたよね、懐かしいっす。
本物の彼をご存知ない方は、YouTubeなどで探せばあるかも。
自己責任でお探し下さい(←調べる手間が面倒で突き放し)。
馬場さんよりもデカい7フィート4インチ(223cm)。
シンディ・ローパーの「グーニーズ」の主題歌のプロモにも出てたよー。


ま、こんな感じでシェパード・フェアリーのシンボルであるこの顔は瞬く間に周辺に知り渡り、アーティストとして少しずつ注目されるに至った訳です。
彼の作品はプリントなんだけど、主にはスクリーンプリント、つまりステンシルみたいな型抜きによる塗り絵作品が多いの。




peace_revolution.jpg
この、銃口からお花が出ている中国女子兵のプリントも、ニューヨークのあちこちでグラフィティとして見かけます。






んで、CDジャケットなども手がける彼ですが、昨今の有名作としては~





zepp_18x24-poster-fanl.jpg
マザーシップ!
こちらも彼の作品!






展覧会ではこのようにあっちこっちで

「えっ、これも彼の作品だったんだ」

つうのがありまして。


その最たるもの、つうか世界中誰でも知ってるんでないか?という最近の超有名作があります。
彼はこれで大ブレイクしたんですー。
それが、コレ!!!












obama-hope.jpg
OBAMA HOPE!!!







彼の作品は政治色、メッセージ性の強いものも多いんですけど、それはさておいても、プリントされた作品をごく近くで見ると本当に美しいんですね。
会場で流れてた動画で彼の巨大作品の制作ぶりが見られましたが、めっちゃ丹念に手をかけて、しかもかなりな体力仕事で制作してました。
巨大ステンシルによる重ね塗り作業(手作業!!!)。
重たげな上、非常に手がかかって面倒っちそうだ(笑)
作者自身もスタッフと一緒にアレコレデカい物を運んで、時間をかけて仕上げてゆく。
しんどい上に神経使うし、根気も要る。
ガッツぶっ込まないとこんなシンドイこと出来ませんー。
時間も体力もかかってて、見てるだけでお腹一杯な作風です。


小さい作品も手が込んでてプリントが本当に綺麗です。
コンピューターじゃないのが驚くよね。
日本で言えば、切り絵師?ちゃうか?
機会のある方は是非に、1度生プリントの数々をその目でご覧下さいませ。
オイラはちょっと欲しいなって思った作品がいろいろあった。
彼のサイトでグッズや画集はもちろん、限られたプリントも買えるようです。
残念ながらオイラの欲しい奴じゃなかったんだけどさ(笑)






P1040328.jpg
ICAの展覧会場を抜けると、こーんなデッカい窓。
ボストンの港が目の前に広がってて、ダウンタウンからイーストボストンの空港までグルリ見渡せる見晴らしの良さ。
写真は港を見下ろして黄昏れる相棒氏。





P1040333.jpg帰り道にクインシーマーケットに寄ってイタリアンジェラート食べました。
相棒くんの絶大なお薦めに従い、彼の大絶賛の青リンゴ味ジェラートを食す(2スクープの下側の方)。
悪いが、フツーだな。
率直にそう申し上げたのに、信じられないと言った表情で、私の甘味感覚まで疑われました。
そう言われても、可も不可もないものを誉めようがないな。
世の中、もっとウマイアイスはゴマンとあるぜと申し上げたい。





てな訳で、また次回~。
皆さま、東海岸時間的にはちょっと早いが、良い週末を!

スポンサーサイト
テーマ:展示会、イベントの情報 - ジャンル:学問・文化・芸術
コメント
あ~
その方のだったのですね。
へぇ~
なんかちょっと興味ありな感じです。

日本の方の切り絵とか見て(誰かとかわかんないけど )
スッテキだなぁと思いますもん。

それにしても
あはは~
自己責任でお探し下さい(←調べる手間が面倒で突き放し)。
わかります~(笑)。
2009/07/20(月) 08:52:29 | URL | はりぃ #-[ 編集]
>はりぃ
おおー、久しぶり。
コメント来ない記事にわざわざコメント、ども(笑)

展覧会面白かったけど、日本では認知度あまりないのかな~。

ところで、9月21日の京都の野外コンサート、民生さんが出る奴、行く?(前も聞いたか???ボケ老人....)
私は行くよー、9月帰国予定なんで。
名古屋から直接京都に向かって、翌日は東京というハードスケジュールですが(注:全部ライブ。連休はどうかしてるくらいライブ三昧)、ご一緒できたらいーなー(ゆかまるこちんも行く)。
ただし、野外では後ろの方でマッタリ見るかも......最前列でもみくちゃになりたくない、そういうお年頃なのよー。
2009/07/21(火) 13:32:11 | URL | tomox #-[ 編集]

ご無沙汰してます。

私は「Obey Giant」見た事ありません…
ロンドンというかイギリスでのステンシルの有名人と
言えばBanksyですね。

9月ご帰国のご予定ですか?実は私も身の回りの
始末(実家)に9月に一週間ほど来日しようか考えて
います。(6年ぶり!)で、なんで特に9月かと言うと
12日に恵比寿である恐らくtomokoさんならご存知か
(興味はあまり無いでしょうが)と思われるバンドの
ライブを見たいからと言う理由です(笑)。

まぁ、コスト上決めかねていますが…

ところでダーのヨーロッパツアー、スペインの日程が
あまり明確で無く、始めに発表のあった日程から
最後の2日分はキャンセルほぼ確実と思われるの
ですが、確実な日程に関してご存知でしょうか?
気まぐれでマドリッド(今週金曜)に行ったろかとか
このところ妄想していますが、外れたら笑い事にも
ならないので自粛しています。(爆)
公式サイトのコンタクト機能を使って問い合わせても
ナシのつぶてなのでご存知でしたらお教え下さい。
(機会があったらひでじさんにサイトの質が悪い、
誤報、リンク間違い等、と苦情お伝え下さい(苦笑))
2009/07/21(火) 20:09:04 | URL | 今野 #-[ 編集]
>今野様
あら、そーなんだ、フェアリー氏のサイトにロンドンの街角で撮られた写真もあったので、てっきりロンドンの街中にもペタペタ、この顔があるのかと(そういや2002年にロンドンに行った時には見かけなかったな?)

で、9月12日のライブって何なんすか?
ちょうどその週の平日は上京しようかなーと思ってるんで、良さげなら滞在延ばしてもいっかもです(ライブ次第の仕事スケジュールを組むどっかプライオリティ間違ってる人間....)。

へー、スペインツアー?
キャンセル確実って(笑.....いや、笑えないかしら)
いやーさすがにヨーロッパのツアーデート全然知らないっす。
ひでじは忙しいだろうから、ディックさんとかロス・ハルフィン(ここんとこずっとジェフの写真撮ってますね)の方が答えてくれそうな気が......
何か分かったらお伝えします。

で、ひでじと話す機会があってもまだ彼のことが怖いので(黒服スーツでマフィアみたいじゃないですか?てか、実際にそれ系の人???)、目の前で苦情なんてとてもとても言えません。小心者ですんで。
まだ、ジェフの方が聞いてくれそうに思いますけど、彼に何か言っても、言ったそばから速攻忘れられそうです。
2009/07/22(水) 06:52:40 | URL | tomox #-[ 編集]

早速のご返答有難うございます。
「メールにせいっ!」と言うご指摘も在るかとも
思いますが、つい...(笑)

私はロンドンは毎日と言えど仕事で行くだけなんで
Soho等の繁華街近辺(?)には在るかも知れません。
因みに私の仕事先は大手町と言った所でしょうか。

12日のバンドは80年(だったと思う)にロクfの
第一回コンテストの優勝バンド、tomokoさんの
好きな子供ばんどとヘビメタフェスティバルで
ライバルだったバンドの前身のバンドです。

ダーは、ヨーロッパはスペインを残すのみ。
始めの予定では4つあったのですが、最終日に当たる
物は、サイトのリニューのあった際にヨーロッパの
日程から外れたし、その前の日付はフェスティバルの
サイトで5月のニュースでキャンセルが報告されて
いるので、まぁ確実かと...

ハルフィン氏はブライトン、RAHで見かけましたが
お知り合いでしたか?
静かな曲中にシャッター音高々に写真を撮って
いたので一寸ムカついたのと、見た目、態度が
横柄そうだったので話しかけませんでした。(苦笑)
アシスタント(見習い?)は日本人女性の様ですね。
S氏とはちょっと話をしたのですが、その時は
スペイン行きは考えていなかったので、聞きません
でした。(愚)
実施する事は日程的にまず無いと思いますので
お気になさらずに...(って聞くなよ!ってか?)

話は変わって寛平ちゃん還暦でしたね。見習い
たいものです。
2009/07/22(水) 07:28:03 | URL | 今野 #-[ 編集]
>今野様
へえ~ロクfがコンテストを持ってたことさえ覚えてない、ていうか知りませんでした。
ヘビメタフェスティバル......ヘビメタバンド?ラウドネスじゃライバルというには大トリ組だしドラマーいないし....アースシェイカーとか44マグナムとかアクションとか、まさかノヴェラとか(ノヴェラはヘビメタじゃないか)、そのへんでしょうか。
てか、なんで子供ばんどがヘビメタフェスティバルに出てたのかがよく分からないですねー(ビジュアルからもすぐに分かるけど明らかにヘビメタではない)。

ハルフィン氏は全く知り合いじゃないです。カズヨとかいうアシスタントの日本人女性は彼の恋人のようですよ。
彼はよくいる日本女性好き親父なんです。
ジミー・ペイジと仲が良くて、プライベートで一緒に日本に行って芸者さん遊びしたりしてたようです(笑)
日本好きな証拠に、彼のウェブサイトのトップ写真も、持ってるカメラが何とチェキ(笑)。
その割には日記に「日本には正しい朝食という概念がない」とか書いてて、笑止千万でした。
その理由がホテルのスクランブルエッグがベビーフードみたいなこと(炒り卵のことですね)とブラックプディングがないこと、って....... そんなもん日本では食わんのじゃ。
親父は頭が固くてイケません。
2009/07/23(木) 05:40:26 | URL | tomox #-[ 編集]

そのへんです。(笑)
ノヴェラの前身のシェラザ-ド、ドラム以外は全員が
オリジナルでのライブです。(ドラムはオリジナル時代も
多少変わっていますが)
ヘビメタフェスティバル、子供ばんどにしてもノヴェラに
してもヘビメタ?と私も思いましたが、当時は外タレも
レインボーとかマイケルシェンカーとかが大うけしてた頃、
tomokoさんのご指摘のラウドネスが結構うけていた
ので、それに乗じての開催だったのではと思います。
子供バンドとノヴェラが出たのは第一回目だったので、
アースシェイカーは出たかもですが、44マグナムは未だ
結成されて無かったか、大阪近辺以外では活動して
なかった頃では無いかと。アクションは未だ結成前、
メンバーはノヴェラで参加していました。

ハルフィン氏のアシスタントは彼女でしたか...
ジェームズ君とスケベ親父仲間(爆)、いやぁ、一発で
感じが解ります(笑)白人の親父、世界の中心。
(って言うほど酷くは無いと思いますが)
2009/07/23(木) 20:58:49 | URL | 今野 #-[ 編集]
>今野様
うわ~よくご存知ですね~。
ノヴェラの前身があるとは知りませんでした....ということはビジュアル系なのかしら。
マグナムもアクションもその後なんだ。
あの頃は日本のバンドが一斉に活躍し始めてた頃ですね。
なかなか良い時代でした。

はははは、ハルフィン氏、会ったことないけど時々彼の写真見ててやっぱり私も「何となくどんな奴か分かるぜ」って思ってました(笑)日に焼けたスケコマシ白人親父。
大体、フォトグラファーは女好きが多いんです。

日本に同時期にいらっしゃるなら、是非東京でオフ会致しましょう!
2009/07/24(金) 09:25:30 | URL | tomox #-[ 編集]

あの 怖そうなお顔のやつ、
前に 日本でニュースになった
「力士シール」に 似ていると 思った
っつーか 「力士シール」つくった奴が似せてるのだろうが、、
落書きみたいに それ ぺたぺた街中に 貼られていて気持ち悪いってニュースやったよ

ジェラード、笑ってしまった(笑)
相棒クンも 負けてないね~
けんかに ならへんの?
あっさり系な お二人なのね

ゲーム はまってるんや
動物ブロック消える時の 音が 
足音で かわいいね
2009/07/24(金) 15:34:54 | URL | よっちんぶう #-[ 編集]
>よっちんぷうちゃん
力士シールって知らんかったんでググりました。
ほう~日本でもこういうものが.....

ニューヨークはグラフィティアーティストが多いからね、自分のマークみたいなものをやたら路上にペンキで描く人ってのはかなり前からいた。
子供かと思うようなヘタクソな花とか、豆に顔が付いて手足の生えのとか.....
でもこの手のステッカーやステンシルをいちばん大量に見かけたのは、フェアリー作のジャイアントかなーやはし。

こういう事では喧嘩にならへんよ、内心どっちも自分の味覚がイチバンやと思ってるから(笑)
もっとしょうもない、それでいて予想の付かない事で突然マジギレされる事があって驚きますが。
でも最近、キレ返し技を覚えてん!相手以上にブチキレてワーって怒ってみせると、大人しくなる(ちょっと疲れるなあ)。
そしてその後、静かに黙って怒っていると、向こうが不安になって気を遣いだします(笑)。
日本人と違って、敵は喋らない戦法に弱いのだ。
2009/07/25(土) 04:51:25 | URL | tomox #-[ 編集]
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://newyorkcity.blog36.fc2.com/tb.php/777-46123ee0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。