TOMOX NEW YORK

ニューヨークで生活する日本人アーティストの日々の徒然日記。 ニューヨーク情報もお送りします。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





どもども、本日やっと通常モード@tomoxです。


今日の記事は、仕事が立て込んでいた頃にマイミクさんでレイキマスターののりこさんから教わった内容です。
(のりこさんはいつもいつも、いろいろ大切な情報を教えて下さって本当、ありがたい)
今たくさんの方が接種されてるインフルエンザワクチンの危険性についての情報だったので、すぐにでも記事にしたいと思ってたんですけど、バタバタしてるうちに随分時間が経っちゃいました(^^;;)


いろんな考え方の方がおありでしょうけれど、この記事を読んでインフルエンザの、更には他の病気への予防接種の安全性にご興味を持っていただければ幸いです。
正しい理解のもと、ご自分やご家族の健康のために本当に必要なものなのかどうか、ワクチンを打つ前に、そしてインフルエンザにかかってからもタミフルを使われる前に、どうかご自身で効果と安全性についてご一考して頂ければいいなあと願って、書いております。


トップの動画はワールド・ブロガー協会における取材会でのもの。
取材を受けてらっしゃるのは元国立公衆衛生院疫学部感染症室長の母里啓子(もりひろこ)医師と、大阪赤十字病院小児科の山本英彦医師です。




41A0Zf3CFkLSS500.jpg母里さんは予防接種に関する本をたくさん出しておられますが、この本は彼女が2年前に出版されたものです。
母里さんは「疫学者として見ると、インフルエンザワクチンは予防接種の中で最も効かないもの」「接種が始まった当初から効果がない事は関係者には分かっていた」「学童への強制接種時代は、ギランバレー症候群や脊髄炎など重篤な副反応被害が多かった」と言い切っておられます。
諸外国と違って日本国内ではワクチンへの反対意見が極端に少ないので、長年の臨床経験を積んだ誠意ある発言は貴重な内容だと思います。

  インフルエンザ・ワクチンは打たないで!




母里さんは1970年代にワクチン接種地域と非接種地域の感染状 況を比較した「前橋レポート」の調査にかかわった方。
「前橋レポート」はワクチンの無効性と 副作用の危険性を明らかにし、1994年にはワクチン被害裁判が起こって国は敗訴しています。
これをきっかけとして1994年小中学校で感染を止める「学童防波堤論」が崩れ、学校でのワクチンの義務摂取が見直されたんだそうです。


実は私も以前インフルエンザにかかった翌年に1度だけ、飛行機に乗る前にワクチンを接種したことがあります。
昔は「流感」「風邪のひどい版」で片付けられたインフルエンザ、学童への強制接種が廃止されて以降から昨今、日本ではなぜか「ワクチン打って当たり前」みたいな風潮になってますよね。
ワクチンが効く効かない、という以前に、ここに非常に「インフルエンザは怖い病気だ」という誇大宣伝、情報操作的なものが感じられ、政策臭がプンプンします。
高齢者の死亡率が高い、とか子供が脳炎で亡くなるという風に報道が変わってきたのがワクチン被害裁判の3年後の1997年だそうですが、これを機にワクチン接種者が急増。
しかし盛んに言われている高齢者・子供へのワクチン投与の有効性を裏付けるデータはありません。
接種者が急増したのに、相変わらずインフルエンザは流行しています。
それなのにインフルエンザワクチンとタミフルは日本で一大ビジネスで、タミフルに至っては世界中のタミフルの70%が日本で使用されている状況、この薬漬け状態はもう異常というしかありません。
母里さんが「インフルエンザは病気ではなくて政策です」とおっしゃるのも頷けます。



また、解熱剤はインフルエンザ脳症を発症悪化させるリスクが非常に高く、ラクになるからと言って安易な解熱剤の投与は危険です。
タミフルによる睡眠中の突然死・異常行動による死亡事故は日本でも報道もされているのでお聞きの方も多いと思いますが、FDAが因果関係を否定すべく活動してからはすっかり鎮静化してしまっています。
しかし副作用は依然としてあり、被害の現状は下記サイトに詳しくあります。
薬害タミフル脳症被害者の会
タミフルは特効薬ではありませんし、インフルエンザは安静にしていれば治る病気、風邪の一種ですので、このような劇薬の服用は真剣に再考して頂きたいところです。


WHOも過去に天然痘ワクチンにエイズウィルスを混入したり、昨年のバクスター社製インフルエンザワクチンにもWHOが関与して鳥インフルエンザウィルスを大量に混入したことが発覚しています。
小児麻痺も今や自然発症した症例は1件もなく、小児麻痺ワクチンからの発症が100%だそうです。
ワクチンにはそういうリスクもあるのです。
生死に関する重篤な疾病のワクチンならともかく、インフルエンザは風邪の一種で自力で治せるもの。
自然に感染したインフルエンザの方が、ワクチンよりずっと強力な抗体です。
まして今回の日本での新型ウィルスワクチンの7割は、国内と製法の違う輸入品です。
海外での今回のワクチンの実態に関する報道もご覧になってるでしょうか?
ここニューヨークの医療関係者は先月、新型インフルエンザの予防ワクチン接種プログラムについて、適切な臨床試験を受けたワクチンはひとつもなく安全性に問題があるとして、接種の差し止めを求める訴えを起こしています。
イギリスでは開業医の35%以上と看護婦の半数以上がインフルエンザワクチンの接種を拒否しています。
効果がない上に、副作用があるものを既に拒否している関係者はたくさんいます。


インフルエンザについていろいろ調べるうち、何ヶ月か前に読んでいちばん驚いた記事を思い出しました。
淡路島在住のカウンセラーさんで、NPOの自然治癒力学校というのを主催されて「ココロとカラダ塾」というオープンセミナーを開催されているおのころ心平さんという方.....この方、普通のカウンセラーと違って身体の症状から見て心にアプローチするという独特な方法でカウンセリングする方なんです。
病気になる背景にはどんな潜在意識があるのか?というアプローチがすごく面白い。
で、その方の連載記事で心と病気の因果関係について解説しておられるものの中に、インフルエンザについても書かれたものがありました。


インフルエンザって、毎年毎年手を替え品を買え新型になっては流行する不思議なウィルスでなかなか撲滅しないのはなんでだろう、と思ってたら、インフルエンザが流行るのは目的があるとのこと!!!
目的ってのが3つ書いてあったけど、そのうちのひとつに「沈着した金属毒素の排泄を促し、ミネラルバランスを整えること」とあって、えー?デトックスなの!?!?と驚きました。
インフルエンザの高熱は体の中の金属毒素を燃やして排泄してしまうのに最適だそうで、特に蓄積された鉛に吸い寄せられてウィルスは侵入するのだとの事......
よく体を動かし、血液循環が良く、金属毒素の排泄がうまくいっている体にはウィルスは侵入しにくいそうです。
それと、鉛をためてしまう背景には「憂鬱」「メランコリック」「無気力」の蓄積という背景がある、んだそうですよ。非常に興味深い~。
予防にはまず、ワクチンよりも健康に留意して免疫力を高める方がよっぽど大切ですね。


病気を遠ざけるには、当たり前だけど適度に運動する健康な体、健康な食事、それに健康な心が大事。
あと、首筋を温めるのはウィルスの侵入を防ぐのに有効だそうです。
室内も加湿して、どうぞウィルスの繁殖を防いで下さいねー。
スポンサーサイト
テーマ:医療・病気・治療 - ジャンル:心と身体
コメント

詳細なコメント、ありがとう。

知らなかったこともたくさんあって勉強になります。新型というだけで踊らされている感は否めないですね。

うちもチビがいるのでためになりました。

p.s.新宿で買ったブー○、いかがでしたか?
2009/11/10(火) 09:12:37 | URL | siva #-[ 編集]

>siva様

んま、久しぶりー。
もう先々月になっちゃったけど、短い時間でしたけど楽しかったです~。

ところでアレね、映像も音もすごい綺麗だね~ちょうど昨日もお客さんにお披露目して見てたんだよー。
会場のモニター用カメラの1台が撮った映像かなーって話してたのだ(そうでないとウ●ーがあんな堂々と撮らせないよね)。
最期にパー●ーが客席を見て「紙、広げてごらん」って仕草をしてるのがバッチリ映ってて、個人的にも思い出が蘇って嬉しい映像でした(笑)
ほんと、あのツアーは今まででいちばんいろいろ大変だったけど、いちばん楽しかったかも~と今になって思うわー。

どっかでまた遊ぼうね。
2009/11/10(火) 13:50:08 | URL | tomox #-[ 編集]
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://newyorkcity.blog36.fc2.com/tb.php/829-08e300f2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。