TOMOX NEW YORK

ニューヨークで生活する日本人アーティストの日々の徒然日記。 ニューヨーク情報もお送りします。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





ども、サンクスギビング休暇も終わって今日からクリスマス色に変わったニューヨークです。
私はというと感謝祭で相棒くんの実家のあるボストンに4泊5日とノンビリ休暇。
夜遊びには向かない街・ボストンでもなんやかや楽しい企画を盛り込み、ボストンからニューヨークに帰ってきてもしばらくバタバタしておりました。


ボストンへの足は、サンクスギビングの前日の水曜日に中国系で激安のFung Wahバスで出かけたもんで、バス待ちの人々が殺到していて停車場は長蛇の列!
相棒くんのラテンノリゆるゆる計画の為、この日の朝に出かける予定が午後になりまた時間変更され、と二転三転。
結局最終的に待ち合わせた夜7時にも遅れてやってきた時間の観念ナッシングなオトコ(;´д` )、現れるなりあまりの混雑に驚いてました。
でも日本でゴールデンウィークの激混み移動を熟知しているオレは、その日のうちにボストンに着けただけでも早く済んだなーと思います。






P1050614.jpg
で、翌日はサンクスギビングディナー。
相棒くん家族のディナー開始時刻予定は午後3時(早すぎ)。
信じられないことに感謝祭なんか別にどーでもいい相棒くんはこの日仕事を入れており、仕事場のスタジオに私を伴って出かけたため私も食いっぱぐれて待つこと数時間.....
結局家族揃ってのディナーに4時間以上の大遅刻。
皆とっくに食べ終わった後にがっつく我々でした。


上のプレートはぐちゃ混ぜだけど、上の左からココナツ入りのヤム芋、マッシュドポテト、コーン、スタッフィング、下がグレービーソースかけてクランベリーゼリーを添えたターキー。
皆、七面鳥の白っぽいお肉のところを美味しがってたが、日本人としてはあのようにバサバサとしたお肉のどこが美味しいのかよく分からない。
私は主に赤いところ食べました。
そいでも正直、感謝祭ディナーを美味しいと思ったことはない。
作って頂いた手前、そして美味しがってる皆さまの為にもなるべく美味しく頂きましたけれども。


お腹一杯なのにこの後、アップルパイにアイスクリーム添えたもんまで頑張って食べました。
その後の体重大躍進は言うまでもないっす。







で、お店はファーストフードさえ閉まってたこの日、映画館やレンタルDVD屋さん(なぜか床屋さんも)は開いてるつうんで、夜は映画館へ。
Ninja Assassinつうのを「忍者の映画なんだな」程度の認識で予備知識なく見て参りました。
で、結論から言うと、残酷すぎる!
顔を伏せたり、指の間から見てたりしたシーンが多すぎる!
それも、女子供が暴力を振るわれたり殺されるってのがもー、見てて我慢ならんかった。
忍者=殺し屋、ってのもどーかと。
忍者が誤解されるうううう。
とにかくこの映画、暴力シーンや血が出るシーンが嫌いな人には全くお勧めできないっす。







翌日は気を取り直して、Museum of ScIenceにハリー・ポッター展見に行ってきました!
シカゴから始まった展覧会、ただ今ボストンに来ております。






P1050615.jpgミュージアムの入り口にはドデカい垂れ幕が。




P1050616.jpgで、ロビーにコレがあった。
覚えてます?
「賢者の石」のラスト近くの巨大チェスのシーンでロンが背中に乗ってた「ナイト」の駒です!
重量感タップリ。




P1050618.jpg展覧会場の入り口までの廊下にズラーッと吊り下げられたホグワーツの4つの寮旗。





で、結論から言うと、この展覧会、凄い!
小道具も大道具もセットも衣装も、動物たちもたっぷりいます。
ああ、アレは!うわ、コレ!って思うものがたっぷり、たっぷーり見られます。


ちょっとだけネタ明かしすると、特に対面して感動したのが



・マングローブ(鉢植えから実際引き抜ける!)
・秘密の地図
・クィディッチのボールセットのカバン
・ニンバス2000と2001
・ハグリットの小屋
・バックピーク
・ケンタウロス
・ハンガリアンホーンテール
・グリフィンドール寮のベッド
・トム・リドルの日記



アラッかなり書いちゃいました?
スンズレー。
しかし展示衣装の数はハンパない。
子供たちの衣装は可愛い。皆ちいちゃかったんだねえ。
しかしよくコレだけ運んだね。大満足!
ポッターマニアだけじゃなく、このシリーズ好きな人ならマストで見に行って欲しい。





この展覧会、館内撮影禁止なのね。
でもちょこっとだけ撮ってしまった。
いやついつい手がすべってねー(^^;;)
て事で、大っぴらには見せられないボケボケ写真を2枚。
極小ですがクリックすれば見られます。




P1050619.jpg ←バックピーク。
手前の衣装は「不死鳥の騎士団」での主役の3人のもの。
周辺はハグリットの畑の巨大カボチャだらけ。


P1050620.jpgハグリットの小屋内部。
右は彼の衣装。巨大すぎる!








で、この次の日は相棒くんのスタジオで彼の絵のキャンバス作りを手伝って、その後イーストボストンでは有名店のピザとバーベキューのレストラン、Santarpio'sへGo!
ここはいつも混み混み。
店内は古めかしいし、店のオヤジはこっちが挨拶しても挨拶ひとつしない無愛想オヤジだけど、こういう濃いメニュー、時々恋しくなるんだよね~だって美味しいんだもん。





P1050621.jpgウワー。
ボッケボケ!シツレー!
一応コレ、ラムとイタリアンソーセージのバーベキュー。
ミートイーターのあなたにご堪能頂けるメニュー。
ンマイのよ~、コレが。
味が濃いめで肉汁タップリ、下戸なオレでもビールが進む。


P1050622.jpgその後食べたのがこのピザ。
具を全部載っけた上に更にアンチョビをトッピングにしてもらった。
おおうグッとくる濃ゆ~い味だ。
バーベキュー食べた後なのにアチアチで美味くって思わず3スライスも食べてしまった....
翌日の更なる体重の大躍進は言うまでもない。







私の体重、サンクスギビング前後で天井知らずです.....
コワイよー。
休暇後は、胃を休めます......なるべく。

スポンサーサイト
テーマ:ボストン - ジャンル:海外情報
コメント

サンクスギビングとかクリスマスディナーって、うちも早くから始まりますよ、2時とか。なぜなんでしょうね?私も、サンクスギビングもクリスマスも、どっちもたいして美味しいとは思えないっす。なんかなー、特に夫君のママ側、食に淡白な方達なので、しかも、メニューも作り方も超手抜きのアメリカン。ほとんど、缶詰と箱と冷凍の袋から出て来たものばかりです。味付けもほとんどしないし、まずっっっ。(塩さえも入れない。。。なんでなんだろう???)お酒も飲まない人達なので、ワインさえもないし、チョ~~~つまんないっすよ。もうかれこれ10年近くこんなホリデーを過ごしてます。まあ、こんなもんなんだーと思ってたけど、ある年、パパ側の家にお邪魔したことがあるんだけど、目からウロコでした。料理がおいしかった!!フードネットワークからレシピをもらったのよ~と、ターキーもクランベリソースもキャセロールも、スタンダードなものにひとひねりされた、とっっっっても美味しいものばかり。すでにママ側でディナーをすませた私達、ちょっと挨拶に寄る程度だったのに、思わずもうひとコース食べちゃいました(笑)。クランベリーソースにはオレンジピールと色んなナッツが入ってるとか、コーンはキャセロールに入ってプディングになってるとか、とにかく、アメリカでの家庭でも美味しいものを作るところはあるんだ,と変なところで感動しましたよ。
私はまだ自分でターキーを焼いたことはないのよね。子供もできたし、そのうち自分ちでホリデーディナーをすることになるのかもねー。でも、自分で作った方が美味しい気がする(笑)。
2009/12/04(金) 06:51:21 | URL | miki6 #-[ 編集]
>miki6ちゃん
あ、そーなんだ、家族行事の食事って開始時間早めが基本なのかなあ。
独立記念日のバーベキューだと調理自体も屋外だったりするから昼間基本なのは分かるんだけどねー。

ボストンではお父さんの仕事の時間の都合もあって、普段の夕食も4時半とかめちゃくちゃ早いので、私達だけ別に食べたり、夕食が昼ごはん代わりになってたりという感じなので、そのせいかと思ってたけど....
親戚も寄り集まってたし、皆揃って気が早いなあと思ってたのよー(ラテン的には親戚のことも全て「ファミリー」と呼んで日本人的には小さな家族行事でも全て集まっていつも皆が一緒)。

普段のママのご飯は美味しかったりするんだけどね。
先日、ママは膝を手術したばっかなんで、今回の調理はほぼ叔母さんがやったのだ。
あ、ターキー焼いたのママだけどさ、アレは美味しくしようがあるワケ?(笑)ママのスタッフィングの方が美味しいかなー。

ってそういや自分でイッパイ料理してサンクスギビング自宅パーティーに友達たくさん招いたこともあったの思い出した!
ターキーは焼かなかったけどもさ(客の中にはアメリカ人もいたんだが、ホスト側が日本人なのでアメリカの伝統はアッサリ無視される・笑)。
でも、昼間にはじめたなあ、自分だってやってるじゃん。
2009/12/05(土) 02:49:23 | URL | tomox #-[ 編集]
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://newyorkcity.blog36.fc2.com/tb.php/836-a8e31cdc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。