TOMOX NEW YORK

ニューヨークで生活する日本人アーティストの日々の徒然日記。 ニューヨーク情報もお送りします。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




日本はもう、あと1時間半ほどでニューイヤーですねヽ(^0^)ノ
紅白やってる時間帯かしら。
誰が出てるとか、もうゼンッゼン分かりませんが(多分、名前聞いても半分以上は分からないかと)。


ニューヨーク、まだ大晦日の朝です。
まだまだ暮れゆく真っ最中!


今年も当ブログをお読み頂きましてありがとうございます。
友人知人の皆さま、今年もいろいろお世話になりました。
日頃の皆さまの友情・ご厚情に深く感謝致しますm(_ _)m


もうすぐ来る来年が皆さまにとって輝かしい年になりますように。
これからも一緒にたくさん、楽しく素敵な年を重ねていけますように。





ところでこんな年末もギリギリの30日、遊びに出てました。
見たばっかりのAvatarをどーしても3Dで見たくって、リンカーンスクエアのIMAXシアターへ。
(3DデジタルよりIMAXのが全然イイって聞いたんで)




lineforavatar.jpg lineforavatar2.jpg
↑3時上映開始のところを早めに並ぼう...と2時15分に着いたら、既にフロアに溢れて階段もグルーッと渦巻く大行列にビックリクリ!(これ、AutoStitchってカメラアプリで何枚かの写真を繋げました)
えええええ。ヤラレた。ノンビリ気質のアメ人をナメきってたなー。
いい席で見たくて早く来たのは皆同じかー。
やっと劇場のあるフロアに来ても、後ろにまだこーんなに行列(右写真)。
皆入れるのか!?


avatarimax.jpgところが、IMAXシアターって広いのね。
皆入れました。席はさすがに真ん中とか無理で、左寄りになったけど、映画が始まればもうそんな事全然気にならなかった。
スクリーンのデカさは普通の劇場のスクリーンサイズの6倍くらい?巨大。視界の全てがスクリーンになる感じで、映画の世界にスッポリ包まれて、コレは高くなっても絶対IMAXで見るべき!3Dがスゴすぎて最初クラクラしたけど、すぐ慣れた。自然の描写がとにかく美しい!3Dだと映画の中の飛躍感や高度がリアルに感じられて、ワクワクする。




okarasoup.jpg大満足で映画館を出て、今度はコリアンタウンへ。ポップコーン食べ過ぎてあんまり食欲ないんで、おからのシチュー食べよう...と35丁目へGo!
目指したのは実は、Cho Dang Golって隣りの店だったんだが、間違ってここ、Hanbatに入ってしまった....修行が足りませんな~。
でもおからのシチュー、あったよ。
コレ辛かった~。
それにCho Dang Golのが絶対に美味しかった....



macysDec2009-2.jpgま、勘違いもありつつ~の、あったまって寒い街へ出ると、Macy'sのクリスマスライトが目に入りました。
日本はお正月があるからクリスマスを過ぎるとこの手の飾りもんは即撤収だけど、東方の三賢者がジーザスを訪問する6日まではクリスマス期間、という事でそれまでクリスマスデコレーションはそのままです。





macysDec2009.jpg
内側から見上げたクリスマスツリーイルミネーションはこんな感じ。


では、皆さまもあとちょっとでハッピーニューイヤー!良いお年をお迎え下さい!
来年も、よろしく~!

スポンサーサイト
テーマ:ニューヨーク - ジャンル:海外情報
コメント

アバター、是非3Dでと思い調べ中ですが、3Dで字幕だと目がまわる・・・って書き込みが結構あって驚いています。 車にも酔いやすいので、吹き替えで見ようかな。

2010/01/04(月) 19:43:50 | URL | 妹妹 #-[ 編集]
>妹妹ちゃん
うーん、確かに最初は私もクラクラきてんけど、慣れるよー。
クラって来たのは最初の数分かな。
手前にあるものが出て来るだけじゃなくて、奥行きとかもスゴかったわ。
ジャングルのシーンでは、葉っぱや虫が自分の顔にかぶりそうやった(笑)

吹き替え?日本語で吹き替えて公開してるの?子供映画じゃないのになー、まあ子供でも見れる映画だと思うけどさ。
2010/01/05(火) 12:22:33 | URL | tomox #-[ 編集]
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://newyorkcity.blog36.fc2.com/tb.php/850-ed01b90a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。